声優になるには
声優になるには

声優とは!

声優とは、声の演技を生業とする人、すなわち声で表現する俳優です。
その仕事は多岐にわたり、洋画や海外のドラマの吹き替え・アニメ作品・ゲーム・各種アナウンス・ナレーション・CM・ラジオドラマ等幅広い領域で活躍しています。
さらに現代では、歌手やテレビ番組への顔出し出演などマルチな活動をする声優も増えてきています。

声優になるには

声優になるには、まずどこかのプロダクションに所属する必要があります。
プロダクションに所属することで、仕事がもらえるようになります。
しかし主人公などの役は、オーディションによって選ばれることが多く、とても狭き門です。
これから先、養成所への入所やプロダクションへの所属、そして主役の仕事をもらうためと、様々なオーディションに合格していく必要があります。

オーディションに合格するためには

基礎である正しい発声・発音・滑舌・呼吸法をはじめ、マイクワークやアニメへの口合わせのタイミング、身体全身を使った表現力など総合的に知識と技術を身に着ける必要があります。さらに現代の声優は、知識と技術の他に自身の魅力を伝える力が求められ、合わせて社会へ出ていくためのマナー等も学ぶ必要もあります。
稽古の積み重ねと、実践経験、そしてオーディション経験や対策が重要となっていきます。

プロダクションが求める人物は

プロダクションが求める声優は、もちろん知識や技術の豊富な人ですが、若くて魅力のある人が求められている傾向にあります。完成された力よりもまだまだ手直しが必要だけど、底知れぬ魅力が人を引き付けるのだと思います。
出来るだけ早い時期から、何事にもチャレンジしていく好奇心と積極性を持ち合わせている人が求められているのでしょう。もちろん、基礎力がなければ魅力を出すことが出来ませんので、稽古をおろそかにしてはいけません。

<h3一般的な声優への道&本学声優コースからの進路

一般的な声優への道のりは高校卒業後に専門学校へ進学、その後に養成所へと進みオーディションにチャレンジするのですが、さくら国際高等学校東京校の声優・タレントコースでは、専門学校での2年間を先取りして高校生の間に終えてしまいます。そこでプロを目指す生徒は直接養成所に進みます。
高校卒業で養成所に入所しても、他の専門学校卒業生や経験者と同じスタートラインに並ぶ実力を身に付けられるので、実力を伸ばすことに集中できます。2年間の差はプロダクションが望む若い人の候補になることができます。

高校在学中から日々オーディションのチャンス!

声優・タレントコースでは日々の授業をプロダクション関係者の方が定期的に見学に来ます。
可能性のある生徒にはオーディションや作品出演のチャンスもありますので、日々の稽古を継続することが何よりも大切なことになります。
みなさんが抱いた夢を目標に変え、その目標に向かって歩みましょう。

通信制高校のさくら国際高等学校東京校は、3年間で高校卒業資格が得られ、
転校を考えている高校生の転入先や不登校経験者、中退者の編入先としても安心して選べる単位制高校です。